パチンコ依存症の悩みも一発解決 絶対パチンコに行かなくなる脳内禁パチプログラム【期間限定公開】

わたしは7日でパチンコを辞めました!

パチンコ依存から借金を200万円以上抱え込んでいた人間のクズから人生の再出発に成功したパチンコ依存症相改善支援センター代表者が自ら公開!わずか7日間〇〇するだけで金輪際パチンコを通わなくなりパチンコが記憶から消えるようになる
【心理的な負担一切なし!お金が一切かからない!投薬の必要もナシ!】禁パチは始まったばかりですが、これから有意義な人生を送れそうです。本当に簡単な方法を提供してくれて、ありがとうございました。/自分のつまらない思い込みがどうでもよく感じてしまって、パチンコを完全に辞めるきっかけになりました。なんだか吹っ切れてしまいました。ありがとうございます。/自分のパチンコに対する悩み誰にも打ち明けられない悩みを打ち明けることができ、心の安定を保てることができた上に、金パチ生活を送れるようになりました。

あなたに質問です

【パチンコがやめられない原因は何だと思いますか?】意志が弱いからやめられない/いつでもやめられる自信があるから/正しい依存克服法を学んでいないから/努力や我慢が足りないから/お金を取り戻すことをあきらめられないから/ギャンブル以外に興味がないから/ギャンブルが悪いとわかるが習慣が変えられない/他人が勝利するのが許せない/特定の機種に思い入れがあるから

パチンコがやめられない原因はたくさんあるかと思います。
このようないかなる原因でも、「わたしは7日間でパチンコを辞めました!」を読み終えた頃にはパチンコを今すぐ辞めることができるようになります。

わたしは7日でパチンコを辞めました!」をお読みになられて、パチンコをやめるために必要な知識と、意志が弱くても、三日坊主でも、優柔不断でも、いくら借金があろうとも、我慢ができない性格の方でも絶対にパチンコをやめることができる、禁断のテクニックを手に入れてください。

パチンコをしてしまう3つの心理

1. お金が欲しい・取り返したい心理/2. 非現実な経験をしたい心理/3. 嫌なことから逃げたい心理

以上の心理を無意識に感じているから、パチンコに行ってしまう習慣を作ってしいます。

パチンコはどうしたらやめられるのかというと、以上に挙げた3つの心理を認識するだけで、実はパチンコ依存を克服してしまうという事実を多くの方は知りません。

パチンコを辞める方法には2種類の解決策があります。

パチンコを辞めるための2つの方法
1.時間が解決してくれるのを待つ
2.パチンコをしてしまう心理を強制的に認識する

1番の解決策は説明の必要がないかもしれません。
ただ、時間が解決してくれるまで、待つことです。
パチンコに興味がなくなるまで、時間をかけるだけです。

でも、少し考えてみてほしいのですが、パチンコを辞めたいという状況のあなたは、「時間もお金もこれ以上失いたくない」わけですよね。
この先10年間、今までと同じようにパチンコの習慣を続けるのと、今日限りでパチンコをキレイさっぱり辞める場合とでは、この「時間とお金」に大きな差が生まれます。

例えば、あなたが毎月3万円パチンコにお金を使っているとして、1年で36万円もの金額を失います。
さらに10年となれば360万円もの金額に膨れ上がります。

もちろん時間をかけてパチンコ依存を克服することも可能ですし、10年もかからず自力でパチンコ依存を克服する方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、パチンコを続けることの弊害は何も「お金と時間」だけではないのです。

「パチンコ以外のことができたかもしれない」という深い後悔が、自分の心を苦しめてしまうのです。

パチンコさえしていなければ、もっと自分の可能性を試せたかもしれません。
もっと違う人生を歩めたかもしれません。

時間がすべてを解決してくれると言われていますがパチンコを完全に脱するには、その時間が一番大切なものだと気付いてほしいんです。

「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を手に入れることで、
「無駄な時間やあなたの可能性をつぶさずに済むのです。」
「無限大の可能性を手に入れることができるのです。」
あなたはもう、十分苦しんできました。

もう心配することも、悩むことも、今日で終わりにしましょう。

あなたがこの手紙を読み終わるころには借金問題もリバウンドの恐怖も時間もお金もすべてにおいて解決する方向に向かいます。

私は人間のクズです

過去の私は本当に人間のクズでした。

当時の私を表現する言葉として、銭ゲバ、最低な人間、生きる価値のない人間、世の中の汚い言葉を集めても、足りないくらいひどい人間でした。

私は日本一パチンコの盛んな鹿児島県の片田舎に住んでいる、パチンコ依存症相改善支援センター代表者の伊藤正英と申します。

今では、完全にパチンコの欲求から解放されていますが実は私自身、無類のパチンコ中毒者でした。

いつも気だるくパチンコをやめたいのにやめられない・・・
そんな毎日を繰り返すたびに無気力になり、もう一生パチンコがやめられないのではないかとあきらめかけていました。

パチンコで200万円以上の借金を抱えても、またいつか取り戻せると信じていた愚か者です。

パチンコ依存とは本当に恐ろしいと思った出来事は多額の借金を抱えているにもかかわらず、まだ自分の現状のヤバさに気づいていないということです。

借金が200万円もあるのに、パチンコで勝てないと分かっているのに、それでも負けたお金を取り返せるとどこかで信じていんです。

「次こそ勝てる」
「次こそは大当たりを引けるはずだ」
「自分は特別、ついている人間なんだ」

以上のような根拠がどこから来るのかわからないのです。
常に、心の声が叫んでいました。

負けた時に初めて、とんでもないことをしているということを理解できるのですが、その考えも長くは続きません。

負けた時のショックは2、3日すれば傷が癒えています。
そして、またいつもと変わらず、パチンコ漬けの毎日です。

正直、自分は頭がおかしんじゃないかなと思うくらいとことん同じ過ちを繰り返していました。

そんな毎日を繰り返しているうちに性格がねじ曲がってしまいました。

優柔不断、楽して儲けたい、救いようのない人間のクズの出来上がりです。

世の中、金がすべてと思っていました。
楽して儲けて、遊ぶのが人生だと本気で思っていました。

そんなクズのような毎日を過ごしている中である大きな出来事が起きました。

父親が脳梗塞で倒れたのです。

そんなとき、私は何をしていたのかというと、本来ならばすぐにでも病院へ駆けつけなければならなかったのですが、その当時「ネットワークビジネス」という、いわゆる友達無くしの仕事をして金儲けを企んでいたのです。

仕事が忙しいからという理由で泣き崩れる母親を尻目に私は法外な値段の商品を言葉巧みに友人や知人、知っている限りの知り合いに電話をかけまくっていたのです。

父親が死んでも、パチンコに明け暮れる毎日。

今では、本当に後悔しても足りないくらい後悔しているんです。
でも、当時の私は父親が死のうと涙すら流れませんでした。

いつも頭の中は「パチンコ」、「お金儲け」ただそれだけでした。

自分の快楽のためだけに生きていました。
親の死をネタにして、親のコネを使い、同情を誘い、高額商品を売りつけようとしていました。

幼少期の私は、まさかパチンコに人生を左右されるとは思ってもいませんでした。

幼少期のころから親に逆らうことのない超がつくほど内気な性格で、本を読むのが大好きでした。
小学生の時の委員会も、もちろん図書委員です。

元プロ野球選手だった父親の影響もあり、小学三年生から始めた野球も4番ファーストで、自分で言うのもおこがましいのですがかなりのスラッガーでした。

幼少期から、かなり堅実な性格でしたので危険な橋は渡らず「石橋をたたいて、叩いて壊しても渡らない」性格です。

どこで俺の人生は狂ったんだろう・・・
自分は人間のクズで生きる価値に値しない!

中学、高校になってもその性格は変わらず常に誰かの意見を聞いて間違いないものだけを選ぶ、そんな超まじめ君の学生生活を過ごしました。
しかし、まじめだけしか取り柄のない私でもパチンコの欲には勝てませんでした。

高校を卒業して親のコネで、鹿児島市内の電力会社に新入社員として勤務しました。

パチンコを覚えたのはちょうどその頃です。そこから、私の破滅の人生が始まりました。

会社ではまじめな振りをして、プライベートはパチンコにどっぷり嵌って金にとことん汚い人間のクズです。

18歳の時、パチンコを始めた時は、それほど頻繁にホールに通うことはありませんでした。
会社では真面目で無断欠勤をすることもなく、同僚や上司からも信頼していただけていたと思います。

ですが、パチンコを続けていくことで、じわりじわりと生活が苦しくなったのです。

会社では、良い子ちゃんで通していましたが、プライベートでは荒れた生活をしていました。

そのころから、会社で働いている自分とプライベートでの自分の姿に大きな差があり、自分がわからなくなってきたのを覚えています。

環境を変えてもやめられず、さらにパチンコ依存は加速しました。

そんな自分がダメだと思い、生活を180度変えることでこの現実から抜け出せると思い、俳優になるという夢を追いかけてみることにしました。

22歳の時、一大決心をし、親に相談もなしで会社を辞めました。

俳優の養成学校に入り、俳優になる夢に燃えていました。
しかし、父親の体の具合が悪く、あえなく夢をあきらめざるを得ませんでした。

いつしか、希望を失い、何もかもが嫌になっていたのです。
そんな時、いつも心の隙間を埋めていたのが、パチンコです。

ここから私の中の悪魔がうごめいていました。

朝から晩まで、パチンコにどっぷり浸かりクレジットカードは自分のお金だと思い込んでいました。

朝早くからパチンコ店に並び、閉店まで入り浸っていました。
仕事にも身が入らず、いつも手を抜くことしか考えていませんでした。

そんな毎日パチンコに入り浸っているわけですから当然お金もあるはずもなく、多額の借金を背負い、キャッシング会社を転々とするいわゆる自転車操業を繰り返し、首が回らなくなるくらい借金を重ねました。

金銭感覚が狂い、クレジットカードの限度額を自分のお金だと勘違いしていたのです。

借金を増やしすぎて、金銭感覚がくるってしまったのです。

パチンコには全財産を使い込むが100円のコーヒーは躊躇する金銭感覚の完全なる崩壊。
生活費を切り詰めることはいつものこと。
1ヶ月間数えきれないくらい塩と、水だけの生活を過ごしたりもしました。

パチンコに使うお金に、5万、10万と使う反面、1冊の本を買うときや缶ジュースを買うのさえも躊躇するくらい金銭感覚がおかしくなっていました。

いつも親にウソをつき金をせびっていました。
こんなくだらない毎日のために生きるのなら生まれてこなければよかったと、親を恨んだときもありました。

パチンコが人生を狂わせてしまったのです。

30代になっても自分の未来が見えず、目先の快楽ばかり追い求めて、今がよければそれでいいと半ばヤケになって生きていたのです。

辛い介護の仕事は、自分の罪滅ぼしの気持ちでがむしゃらに働きました。
これではいけないと、職業安定所へ駆け込み「介護の仕事」で、何もかも罪滅ぼしをしようと懸命に働き、借金返済に努力を重ねていました。

そのような努力を繰り返しながらギャンブル依存を克服するきっかけをつかむことができたのです。

消えない心の傷…/二度と忘れられない後悔の念…/二度と会えない父親…

今でこそ、パチンコへの欲求を完全に止めることができたのですが、今でも後悔していることが3つあります。

1つ目は、「大事な仲間を裏切ったこと」
2つ目は、「20代という輝く時代をパチンコに全て捧げてしまったこと」
3つ目は、「親の死に目に会えなかったこと」

私にとって、一番後悔しているのは、親の死に目に会えなかったことです。
こんな、クズのような人間でも、親孝行の一つでもしたいと心の中では思っていたのです。

しかし、失った時間も、失ったお金も、親に会うことも今では取り戻すことはできません。

だからこそ、あなたには、私と同じような間違った選択をしてほしくないのです。
今勇気を出して、行動しなければ、きっと後悔してしまうかもしれません。

私の恥ずかしい過去をさらけ出すのは抵抗がありました。

正直なところ、このようなだらしのない私の過去をありのままに公開するのはためらいました。

多くの方の目に触れるこのネットを使ってまで、私の過去が暴露されてしまうのですから・・・

しかし、私という人間がどのようにしてパチンコ依存から抜け出したのかを知っていただくために必要だと感じたからこそあえて公開することに踏み切りました。

あなたには、このままパチンコばかりしていると、必ず不幸な人生を歩むことになるという現実をわかってほしいのです。

今現在は、借金も全額返済し、命をかけてパチンコ依存の方々を一人でも救うために日々戦っています。

愛する仲間と、友人家族を犠牲ににしないでほしい。
無限大の可能性をたかがパチンコにつぶされないでほしい。
親の死に目にも会えないような親不孝な人間になってほしくない。

あなたにも「大切な人」や「貴重な時間」をパチンコごときに失うことを今すぐにでもやめてほしいのです。

そして、生きていく中で、悩みや苦労は必ず起きるものですがパチンコが原因で起きる問題がなくなることで、今よりもかなり精神的に余裕のある毎日を過ごせるようになるはずです。

パチンコは、意味がないということを本当に理解してもらえれば、二度とパチンコに溺れる毎日を過ごすことも、毎月の給料を奪われることも、大事な人の信頼を裏切ることもない人生を送ることができるからです。

「でも、そうはいってもパチンコの欲には勝てないんです…。」
と思ってしまうかもしれません。

私のところへ、相談してくる方も以下のような悩みを抱えています。

「10年以上パチンコをしているけど、3日もやめられない」
「今度やめられなかったら、ショックが大きすぎる」
「自分に適した解決策なんて無いし、あきらめている」
「パチンコ以外に何もすることがないから、やめた時、不安でしょうがない」
「先の見えない恐怖で、どうしたらいいかわからない」

このような不安をいつも抱えているかと思います。

また、書店やネットで書かれているようなパチンコのやめ方を実践しても「効果を感じられない」「信じられない」「続けられない」という声も耳にします。

結局は、自分の力で、解決するほかに選択肢は無いことですし、かといって解決方法がわからないからあきらめている方が多いのが実情です。

しかし、私は「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を覚えて、わずか7日だけ〇〇を続けるだけで、どんな状況や環境の方でもパチンコをやめることができると自信をもって断言します。

パチンコをやめる方法はシンプルにいえば以下の3つしかありません。

パチンコに「行かない」/パチンコを「やらない」/お金を儲けることを「信じない」

パチンコ店に行かなければパチンコをすることもありません。
パチンコ店に行ったとしても、やらなければいいのです。
さらに友人や誰かの「次こそ出る」という嘘を信じなければいいのです。

しかし、そんなことは百も承知だと思います。

つまり、以上の3つをどうすれば現実にするかを具体的に実践していくことでパチンコ依存を克服することができるようになります。

パチンコ依存から完全に脱するための具体的な解決策を私自身が実践して、パチンコをやめるということはこういう事なのかと理解することができました。

その瞬間、「もう二度とパチンコなんて必要ない人生を送ることができる」と、自分の人生を後悔無く生きていくことができると心の底からうれしさがこみあげてくるのがわかりました。

そして、実際にパチンコをやめたいという方に、その方法を試してもらうことにしたのです。

たった7日間〇〇するを続けるだけで、今まで一週間しかやめられない私が気付くと禁パチ一ヶ月目・・・
その方は、それからもパチンコをすることはありませんでした。

この方と同じように、他の方でも7日間〇〇するを続けるだけで、パチンコに対する思いに変化を感じていただいています。

一部ですが、わたしは7日間でパチンコを辞めました!を実践された方の声をお読みください。

パチンコをやり始めると人格が変わります。

ニックネーム
Y.T
年齢
46歳

10年以上パチンコがやめられない状態にありましたが、「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を始めて、一ヶ月禁パチ継続中です。
いつもやめようと思ってもせいぜい一週間くらいしか続かなかったので、「わたしは7日でパチンコを辞めました!」の効果はもの凄いです。
まだ禁パチ生活は始まったばかりなので、これから有意義な人生を送るためにも頑張っていきます。
禁パチする上で、とても素敵なノウハウを提供してくれてありがとうございました。

パチンコが心の支えでした。

ニックネーム
K.O
年齢
32歳

「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を読む前は、パチンコを辞めることが自分の体の一部を奪われたような、さみしさがあるんじゃないかと思い込んでいました。
パチンコでお金と時間を奪われていることは分かってはいたんですけど、なぜだかパチンコをやめる覚悟が起きませんでした。
心の奥では、パチンコが必要だったように思えます。
このわたしは7日でパチンコを辞めました!を読み始めてから、自分のつまらない思い込みがどうでもよく感じてしまってギャンブルを辞めるきっかけをもらい、本当に7日間〇〇を続けただけでパチンコ依存から完全に脱することでできました。
ありがとうございます。

家族よりもパチンコを優先するのが許せませんでした。

ニックネーム
K.M
年齢
33歳

【購入理由】
これまで本やインタネットサイト等色々と試してみたのですが、パチンコがやめられず、ずるずるときてしまいました。
このままでは、家族と幸せな人生を送ることができないと心底思いました。
そしてインターネットの口コミなどをみて非常に評判の良い「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を購入することにしました。

【教材について】
具体的にどのような心境になるか等体験談をもとに書かれているのでわかりやすいです。
また、7日間〇〇するだけでパチンコを完全にやめることができるノウハウは、まさに目から鱗でした。
また、メールサポートは1年間保証されているので、万が一くじけそうになったときよき理解者が付いてくれているようで安心します。
自分ではパチンコにいってはいけないのはわかっているが足がいってしまう、その前に、メールサービスを利用するなど、冷静さを保つ手段として非常に有効だと感じております。

【全体の感想】
パチンコをやめられない人の多くの原因が誰にも相談できないことにあると思います。
「わたしは7日でパチンコを辞めました!」の良いところは、パチンコ依存を克服した方がメール等でサポートしくれる体制にあると思います。
自分のパチンコに対する悩み誰にも打ち明けられない悩みを打ち明けることができ、心の安定を保てる手段だと感じております。
ありがとうございます。

ギャンブルで自分を見失いました。

ニックネーム
N.E
年齢
28歳

ネットでいろいろとパチンコをやめるための情報を探していたのですが、一通り実践してもどうしてもパチンコを辞めることができませんでした。
掲示板などにも投稿して、決意表明をしてみました。
しばらくはパチンコをすることもなく同じ気持ちでパチンコを辞めようとしている方にも応援されて、すごく勇気付けられたのですが、ふとした時にパチンコをしてしまい、掲示板に書くのもおっくうになってしまいました。
そんな時に「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を知り、7日間〇〇を続けるだけでパチンコを完全にやめられるという事と、メールサポートができるということで思い切って購入しました。
7日間サポートを受けながら「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を実践して、完全にパチンコを脱することができました。
本当にありがとうございます。

「わたしは7日でパチンコを辞めました!」を活用すれば7日間〇〇を続けるだけで、
「無理なく、パチンコから、距離を置くことができて」
「リバウンドの恐怖におびえることもない」

つまり、無駄な努力をする必要がなくなりパチンコ依存を完全に克服することができるのです。

では、ここまであなたがパチンコをやめるための努力は「無駄だったのか」ということを現在まことしやかに噂されている世間一般のパチンコをやめる方法を一つずつ検証していきたいと思います。

パチンコを辞められない理由

我慢だけで、やめられないのはなぜか?

一般的には、我慢をしていくことが常識的だといわれています。
自分自身を奮い立たせて、パチンコをしている自分が情けない、ダメな自分では今後大変な人生を送ってしまう。
そのように考え、自分を戒めるために、とにかく我慢を続ける方法は、逆にあなたのパチンコへの欲求を加速させてしまいます。

なぜ、我慢をするのが非効率な方法なのかといえば、人間には本能的に「してはいけない」「見てはいけない」といわれれば言われるほどしたくなったり、見たくなったりするものです。

一番参考になる例を挙げるとダイエットで痩せたいと思うことは、今現在あなたが太っていると自分自身に理解させていることと同じことだということです。

つまり、痩せたいと思えば思うほど、自分は太っていると認識しているわけで痩せるために努力しているのに、痩せられないという現実と理想で苦しむのです。

だからこそ、パチンコをやめるためには絶対にパチンコをやめようと思わないことです。

趣味を持つとパチンコはやめられるという考え

一般的に趣味を持つとパチンコはやめられると信じられています。
でも、実際のところどうでしょうか?
パチンコに変わる趣味など持つことは不可能だと感じませんか?

結局のところ、趣味とパチンコは別なものとして受け入れて、パチンコをやりながら趣味を追加するということになっていませんか?

ここであなたには、パチンコ=趣味という考えを一度壊してもらいたいと思います。
パチンコは趣味でも何でもないということです。

はっきり言いますとパチンコは趣味ではなく単なる「悪い癖」です。
違う表現をすると、習慣とも言えます。

つまり、自分自身に外的なストレスがかかると、反応してパチンコをしてしまうという癖がついているだけです。

だからこそ趣味をいくら増やそうと、パチンコよりも興味を持つことを見つけようと、あなたがパチンコをする癖が抜けない限り趣味を見つけても意味がないということになります。

ここまでは、小手先のやり方で、パチンコ依存を克服しようとした場合の問題点をお伝えしてきました。
では次に、無理に自分の環境を変える場合はどれだけパチンコに対する依存が減少するかを検証していきます。

1年間やめたけどリバウンドしてしまう原因

転職や、一人暮らしをきっかけにパチンコ依存が解決するというケースもあります。

しかし、あるきっかけを境に数年間やめられていたはずのパチンコ依存がまたぶり返して、以前のようにはまってしまうケースもあります。
数年間パチンコから離れていた分、以前よりもパチンコにさらにはまってしまうことも度々あります。

その原因は、ただ単に忙しかったので「やる暇がなかった」だけです。
つまり、パチンコ依存の根本的な解決をしていない状態でただ忙しさで、パチンコを忘れてしまっただけなのです。

問題を解決しないまま、心の奥底にパチンコ依存の根を置いてきただけですから、わずかなきっかけで以前パチンコにはまっていたよりもさらに心が渇望しパチンコに飢えていた心を埋めるようにパチンコに貪りついてしまうという結果が起こります。
だからこそ、パチンコ依存の芽を完全に刈り取る必要があるのです。
リバウンドの最大の原因はパチンコ依存の根本原因を放置しているからです。

ということなんです。

では病院で治療を受けることについてはどうでしょうか?

実際のところ、私自身も過去に精神科を受診した経験があります。
パチンコに行かないように、薬で無理やり抑えてしまえればとても楽だと感じたからです。

しかし、当時それほど、パチンコ依存症というものは「ただ我慢ができないダメ人間的」扱いだったので、薬を処方してもらうことはできませんでした。

現在では、パチンコ依存症(ギャンブル依存症)というものは、WHO(世界保健機関)で依存症の一つとして分類されてるので、それなりに治療法が確立されてきました。

治療の方法としては医者の問診から始まりグループワークなどを定期的に行い、規則正しい生活をするためにルールを守りながら自分自身の生活習慣を正していくというものです。

病院へ通院しながら依存を克服する方法もあれば、施設へ入所して集中して依存を治療するなど方法は選べるわけですが、やはり一番の問題は治療費や入居費になります。

毎月支払う金銭的な問題はかなり厳しいかもしれませんが依存を克服するためには、やむ追えないことだと思います。
本気で治療を行うためには病院に行くことも選択肢の一つだと思います。

でも、私は精神科へ受診し薬漬けになることは嫌でした。
そしてさらに世間体というものもあります。

以前と比べて、精神科への受診はそれほど世間の目が気にならなくなった環境といえますが、まだまだ「精神科へ受診した」という事実を周囲の人間には知られたくないという世間体が存在しています。

まだ、大手を振って精神科の受診ができない時代なのです。

私が住んでいる鹿児島県でも、「精神科に受診をした」というだけでうわさが広まり就職や転職にも影響を受けるものだと感じています。

医療は選択肢の一つではあるが完全に克服するのは、最後には自分自身のとらえ方で決まります。
病院で治療するということは選択肢の一つでしかありません。

パチンコ依存というものはそれほどグレーな部分が多く、わかりにくく解決が難しいものだといわれています。
完全に克服する方もいれば、またパチンコ依存を繰り返す方がいることも事実です。

病院で治療を行った10人のうち5人がまた再発を繰り返しているというデータもあるくらいですから、難しさがわかると思います。

病院で治療を受けることも選択肢の一つですが、「わたしは7日でパチンコを辞めました!」の方が、はるかに簡単で短期間でパチンコ依存から克服することだでき、何より費用がかからりません。

そしてこの「わたしは7日でパチンコを辞めました!」のすごいところはまだあります。

うわべだけの依存原因を取り除くのではなく根本原因を取り除くため、長期間依存をしている方にはより効果を発揮するということです。

つまり、依存年数が長ければ長いほど短期間で依存を克服できるのです。

「わたしは7日でパチンコを辞めました!」が選ばれる理由とは?

わずか7日〇〇を継続するだけでパチンコ依存を完全に克服することができます!

あなたは、7日間〇〇を実行するだけで、パチンコ依存を完全に克服できます。

リバウンドのリスクが一切ありません!

一旦禁パチ生活を送れるようになったら、二度とパチンコをすることがなくなります。

お金が一切かかりません!

病院での治療のようにお金がかかることも「わたしは7日でパチンコを辞めました!」をお渡しした後も追加料金を請求されることは一切ありません。

依存年数が長ければ長いほど短期間で依存を克服できるようになります!

「ヘビースモーカー」がタバコから抜け出すのが他の喫煙者よりもごく自然にやめることができた、ということがあるように、依存年数が長いほどすぐにパチンコ依存を克服することができます。

さて、気になるその価格ですが…

おそらくこのページを読まれているあなたが、今、最も気にしているところはココではないでしょうか(笑)

もちろん、「わたしは7日でパチンコを辞めました!」が1,000円であっても100円であっても情報に対して対価を支払う、という考えがあまり定着していない日本では、不安なことでしょう。

当初、「わたしは7日でパチンコを辞めました!」は無料で公開する予定でした。
しかし、実際のところ、禁パチの普及活動をすることでインターネットで商品を販売するということを甘く見ていました。

広告費や、このページを作る時間が膨大にかかり、さらに依存克服をお手伝いするための、諸経費と時間がかなりつぎ込まれることになりました。

私は現在介護の世界で働きながら、この活動を2足のわらじで行っています。
あなたにはまったくもって、関係のないことなのですが正直睡眠時間も、お金もかなり使いました。
この活動を続けるためには、どうしてもお金が必要です。

だから、全力であなたのサポートをする代わりに、その対価としてお金をいただいていることをわかってください。
さらにあなたが独自に依存克服方法を探す手間を省きます。

あなたが正しいやめ方を知らずに、独学でパチンコをやめるために努力をしたとして、どのくらいの「お金・時間・労力」を使うでしょうか?

「わたしは7日でパチンコを辞めました!」の販売価格は、少なく見積もっても10万円以上の価値があると自信をもって言えます。
実際に10万円を支払ってもパチンコを長期的にやめられることであなたが損をすることはないと思っています。

  • 毎月パチンコに行かなくなれば平均5万円が失わずに済みます!
  • パチンコをやめるための無駄な労力を完全になくすことができます!
  • たくさんの情報にまどわされて、精神的なショックを受けることも皆無です!

それだけで、十分あなたにとって10万円は確実にメリットのある金額だと思っています。
でもパチンコをやめるために急に10万円を支払うとなると、かなり苦痛を感じるかと思います。

私が過去に苦しんでいたことを思い出すと10万円はかなり大きな金額です。
分割払いでもきついと感じる金額です。

当時の私だったら、心理的に負担になる金額だとわかります。

あなたの気持ちは痛いほどわかりますので今だけ限定の価格12,800円です。
でも、いつ値段を上げるかは分かりませんしこのまま2足のわらじで続けていくことも限界があります。

この機会に、パチンコ依存を完全に克服して、あなたの人生を変えてみませんか?

  • これは期間限定の価格です。
  • ノウハウの特性上、当ページが予告なく閉鎖したり、商品の販売を停止する事もありますので、あらかじめご了承ください。
今だけ限定特別価格12,800円(税別) お申し込みはこちら

よくある質問

どのくらいの期間で、パチンコをやめることができますか?
ズバリ最短5日間です。
何度もやめられない人がどうしてやめることができたのですか?
すべては、パチンコをする思い込みがあるからです。
パチンコをする必要がなくなるために、7日間〇〇を継続するだけですべての間違った思い込みを取り除けるようになります。
実際やめられなかった人はいないんですか?すべての人がやめられるのは可能ですか?
残念ながら、7日間〇〇を継続できなかった場合はやめることができません。
〇〇はとても簡単です。パチンコ依存を完全に克服するために7日間〇〇を継続してほしいものです。
パソコンがなくても手に入れることができますか?
基本的にはパソコンをお持ちであり、ネット環境が整っているほうが望ましいのですが、「わたしは7日でパチンコを辞めました!」はPDFという電子文書(ネット上で閲覧するもの)で作られています。
iPhoneや、android携帯でも閲覧は可能です。(Wi-Fi環境をおすすめします。)
ただ、閲覧するためには、アプリが必要になる場合もあります。ダウンロード手順は、メールをしていただければ教えさせていただきます。

最後に…

一度しかない人生をどのように生きるかパチンコだけで終わる人生もいいのかもしれません。
でも、あとで後悔するよりも、今精一杯自分を変えるために努力することは、あなたにとって忘れがたい財産になります。

「パチンコをやめて、本当によかった」と、あなたにも感じてほしい。

私が願うことは、あなたに後悔のない人生を歩んでほしい、ただそれだけです。
あなたが思うよりもずっと、素晴らしい毎日が待っています。

一歩踏み出す勇気をもって、あなたが望む未来をつかみ取っていただきたいと心から願っています。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

今だけ限定特別価格12,800円(税別) お申し込みはこちら